頑張れ受験生!応援メッセージ【是澤 亮輔】 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2020年 1月 5日 頑張れ受験生!応援メッセージ【是澤 亮輔】

こんにちは、コレサワ です。

今年初めての投稿ということで、

今年の抱負から、

 

「人間観察!」

 

今ちょっと引いた人、待ってください。今から説明するので (‘・ω・`)

私の通ってる学科「知能メディア工学科」って言うのですが、

色々な人に、何してんの?って言われます。

そりゃそうですよね、名前だけ見ると意味わかんないですし、

この学科では、

「知能工学」、「情報工学」、「デザイン工学」

の3領域について学びます。

なぜこの3つ?って言うところなんですが、

この学科を創設した教授曰く、

「夢を見ることができる、技術者を育てたい」

らしいです。

かつて、技術大国だった日本 (情報分野において)。今ではあまり考えられませんが、

昔は、アメリカと、世界最先端の競争をしていました。

それこそ、MicrosoftやGoogleなどと、

今では考えられないですよね ( ´△`)

先生たちは、これからの社会において、必要となる人財は?

というのを先読みして、

「世界の最先端で戦える人に育てて行きたい」と言っていました。

こういう、熱意のある先生に会えて、私は、とても幸せです。v(。・ ω・。)

そんな中で、なぜ抱負が「人間観察」なのか?

皆さんご存知の通り人工知能の研究は、

「人工知能は、人間を超えられない」

という結論を残して終了しました。(ちょー簡単に言ってます)

(なので、安心してください、機械が自律的に人間を殺すことはないです。

そうなったとしたら、人間が機械に直接命令している時です。)

そうしたら、今後は、

 

今ある技術をどう活かして、人間の役にたたせるか?になってきます。

つまり、人を見て、人をどのように楽しませるか?

 

という議題になってくるのです!

だからこそ、人にとってどうなのかというのを、今年はとことん考えて行きたいと思います。

 

 

前置きが長い!と思った人、ゴメンナサイ。m(._.)m

ここから、受験生へのメッセージです。

私からは、

 

「今は、頑張れ!あと少しで、「頑張る」から「努力する」に変わるから」

 

皆さん、何気なく頑張るって言ってると思います。

そもそも、頑張るっていう意味は、

 

「忍耐して、努力しとおす。気張る。」

 

ここで、私は、???が出て混乱しました。

頑張る = 努力 じゃないの?!

ってこれを読んだ時に思いました。ずっと一緒の意味だと思っていたので (´-ω-`)ウーン

みなさんは、知っているとは思いますが、

努力の意味は、

 

「目標の実現のため、心身を労してつとめること。」

 

これまでに、「辛い」、「やめたい」と思ったことがあると思います。

でもそれは、頑張っているからです。

耐え忍んで努力しているからです。

ある人に言われたのですが、

 

「苦しいのは、自分と自分の理想にギャップがあるからだ」

 

と言われました。

皆さん気づいていないかも知れませんが、

東進生のみんなは、すごいんですよ!

 

「結果も実力も何も無いのに、根拠のない自信だけで、

あれやりたい、こんなことしたい、こんなものを作りたい!」

って言えてるのですから

 

自ら、ギャップを見える化しているのですから、

 

そりゃ、辛いですよ( ̄▽ ̄;)アハハ…

でも…

 

夢や志がない人のやってることは、努力なり得ない。

夢や志があるから、辛いし、努力できるんです。

 

受験勉強は、夢を叶えるためのスタートラインに立つための準備段階。

今が一番辛いかも知れない。

しかし,「頑張る」がいつか「努力する」に変わった時、

きっと、充実した毎日になっているはずです!

 

最後に、もう一度だけ、

 

「受験生!諦めるなよ!辛いのは頑張ってる証拠だからな!」

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

 

明日のブログは・・・

 

最近会ってない…

 

いつも元気

 

音楽!

(私の勝手なイメージ)

 

わかるかな?

 

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼