夏休みをどう使うべき?【新野美奈編】 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2019年 8月 14日 夏休みをどう使うべき?【新野美奈編】

 

こんにちは!毎日30℃越えの暑い日が続いていますね…。

最近、日焼けを気にして長いスカートやワイドパンツをよく履いているんですけど

なんだか日光を浴びたいな~と思う自分もいて

上はノースリーブとか着がちになっていますね。

上だけ日焼けして下は白いみたいな感じになってしまいますね。

 

 

理科大はテストの日程が遅くて夏休みが8/8からという遅めのスタートにはなりましたが

テスト勉強から解放された嬉しさで毎日何もしなくても幸せです。

薬学部のテストは少し特徴的なんですよ。

じつは、再試験が存在します。

本試験を落ちても再試験が受けて単位をとれると考えれば薬学部の特権とも考えられるのですが

理科大の薬学部の場合は再試験があるから

本試験は落とされやすいようになっている気がするんです。

まあ一発で本試験受かればいいんですけどね…。

 

ちなみに、テスト勉強。かなりきついです。

 

永遠に暗記しています。

 

私は暗記するとき、ゴロを作って覚えるのが好きです。

みなさんも定期テスト前に暗記するときはゴロを考えることをおすすめします!!

ホントにすぐ覚えられます。ゴロのおかげで薬の名前100個近く覚えられました。

 

 

テストの話をしたら永遠に前置きをかけるのですが

 

そろそろ本題に移ります。

今回のテーマは、夏休みをどう使うか?ですね。

 

高3は勉強するのみ。

理系で数Ⅲ使う人は特に数Ⅲとか強化するのに時間が取れるいい期間でしょう。

苦手な科目ばかりに時間をかけるのではなく

全部の科目をバランスよく勉強するようにしましょう。

たまに息抜きもいいけど、夏休みは時間がたくさんあると思っていたら

あっという間に終わってしまうので時間を大切にしましょう。

 

 

高1,2年生の皆さんは、まず勉強と部活の両立ですね。

学校の課題はさっさと終わらせて、自分の苦手な科目を鍛えたりする時間をとれると思います。

また、気になる大学や学部のオーキャンに行ったり

将来の夢を考えてみたりするのにも時間をとってみてほしいです。

 

大学は専門的な勉強をするので

社会にでて働くとなったときに大学で学んだことを

生かした方が効率の良い人生を過ごせると思うんですよ。

そして、何のために今勉強しているのかも明確になるし

大学に行くことの意味も確認できると思います。

大学に行くことはみんながすることだから

 

ではなく

 

自分は将来こういうことをしたいから、大学に行きたくて、そのために今勉強しています。

と胸を張って言えたらかっこいいと思います!!

 

夏休み残り半分自分の将来のために時間を費やしてみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

△▽△△▽▽△▽▽△△▽△

明日のブロガーは?

サッカー大好き

ポテチ大好き

あだ名は〇ぎ! 

この2つの特徴です。わかるかな~

△▽△△▽▽△▽▽△△▽△