息抜きの仕方[杉崎智哉編] | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2018年 10月 14日 息抜きの仕方[杉崎智哉編]

 

どうもこんにちは、親戚に中学生と間違えられた杉崎です。

今回も雑談から入ってまいります。

先日、私事ながら、初めて海外に行ってきました。

一応、理系大学院生なので、国際学会みたいなものに参加するためです。

初めての海外なのでパスポート取ったり、お金を準備したり。

いろんな準備をして、行ってきました。

 

 

 

 

 

「カザフスタン」

 

 

 

 

 

 

 

カザフスタン?初めての海外が?

みんなに言われますが、まぁ、しょうがないですよね、行きたい国を決められるわけではないので。

いろいろな不安はありましたよ。

 

飛行機。治安。言葉。食べ物。

 

おなかが弱く、英語の話せない自分が生きて帰ってこれるのか。

まぁ、ブログを書いてる時点で生きているのですが。

実際、みなさんが想像しているような国ではなく、普通に安全でした。

水は飲めるし、料理も食べれなくはないし、怖い人もそんなにいないし。

唯一驚いたことと言えば、英語が通じないことですかね。(英語は私も喋れないんですけど)

カザフスタンはその名の通り、カザフスタン語が母国語っぽくて。

 

例えば、レストランに行こうと思い、電話で予約をしようとしたら。(7人で予約しようとしたら)

 

杉崎「seven」

レストランの人「??」

杉崎「seven people, ok?」

レストラン「??」

 

seven 通じないんかーい。

驚愕です。

他にも、Japanって言っても通じませんでした。

おーまいがー。

まぁ、そんなこんなで楽しく旅行、ではなく学会に参加してきました。

最後に唯一観光ぽかったところの写真貼っておきます。

 

と、雑談が長くなりましたが。息抜きの方法ですね。

息抜きって言っても、人それぞれ息抜きの方法がありますし、

私のブログが掲載されるころには、もうある程度他の人が紹介してくれていると思うので、

今回は息抜きについて考えたことを書こうと思います。

 

受験生のときって、息抜きすることは悪いことだ!

みたいな雰囲気だったりがありますよね。

 

あほか!

 

って感じなんですけど。息抜きしてなきゃやってらんないですよね。

息抜きばかりしていると、学力は伸びないかもしれませんが、

逆に適度に息抜きしないと、それこそ学力は伸びないかもしれません。

 

大学受験は何ヶ月、何年も前から勉強をします。ずっと、同じペースで続けていたら、息が持ちません。

 

例えば、水泳なんかは息継ぎしないとゴールまでたどり着けませんよね?

かといって、息継ぎしすぎたらゴールまではたどり着くかもしれませんが、スピードは落ちてしまいます。

 

人間だけでなく、馬だってそうです。

競走馬なんかは、レース中あるタイミングで、息を大きくすうそうです。

このタイミングが競争の流れに合うとうまく走ることができ、タイミングが合わないと息が持たずゴール前に失速してしまいます。

 

何が言いたいかと言うと、

 

「うまいタイミングで適度に息抜きをする」

 

これが息抜きをする上でとても大切なことです。

しすぎもだめ、しなさすぎもだめ。

息抜きで何をするかは、まぁ好きな事をすればいいんじゃないですかね。

私なんかは、Youtubeみたり、雑誌見たり、Twitterで情報集めたりするかな。(見てるものは野球か馬か)

何をする上でも、考え方次第ですね。

 

ということで、ぐだぐだと書いてきましたが、こんな感じで私の話は終わりにしたいと思います。

 

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

さーて、明日のブロガーは、、、

 

ある意味こちら側

野球部なんだね

がんばれ

の三つの特徴です!

わかるかな?うふふふふふふ

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼