担任助手は夏、コレを頑張っています!【高田裕明編】 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2018年 8月 25日 担任助手は夏、コレを頑張っています!【高田裕明編】

こんにちは、久しぶりの登場、高田裕明です。

この間、初めて浴衣を着ました。

あついですね、あれ。

でも、日本の文化に触れられたことがとても楽しかったです。

日本の伝統を感じることのできた夏でした。

はい、終わり!!

 

はい、嘘です。本編行きましょおおおおおおおう!

 

今回のテーマは「担任助手は夏、コレを頑張っています!」ということで、自分が夏休みに何を頑張っているのかについて書いていきたいと思います!!

大学生の夏休みってすごい長いですよね、一般的には8月と9月が休みなんです!

でも実は、自分が通っている国際基督教大学、通称ICUでは、夏休みは7月から8月なんです!!

だから自分もみんなと同じで来週には大学に行かなければいけないんです…

なので、今回は今頑張っているというより、これまでに頑張ってきたことについて書いていこうと思います。

自分が夏休みがんばっていたこととは…

夏期短期留学です!!!

自分は7月の頭から8月中旬までカナダヴィクトリア大学というところに短期留学をしに行っていました。

そこで私は英語のスピーキングやリスニングなどを中心に語学の勉強をしていました。

また、それ以外にもがんばっていたことがいくつかあります!!

1つ目は、国際交流です。

これは結局英語の勉強のためになるのかもしれませんが

同じプログラムに参加していた生徒は国際色豊かでした

香港、韓国、中国、ブラジル、メキシコ、コロンビア、台湾などなど…

自分のクラスには韓国の子が多かったのですが、たくさんの国からのクラスメートと友達になることができました。

そして、カナダだけではなく、ほかの海外の文化や慣習、伝統などについて触れることができました。

実はまだ、SNSで連絡をとりあっている子もいるんです!!もちろん言語は英語ですよ(笑)

2つ目は、英語でエッセイを書いたことです

自分たちICU生はプログラムの最後に英語でエッセイを書かなければいけませんでした。

だいたい2000語くらいかな

テーマはカナダについてだったらなんでもよかったので

自分が興味のある移民政策や人種差別について日本との比較を交えながら問題点などについて書きました。

カナダではMulticulturalismを推奨していて、多種多様な人種が共生しています。

一方、日本はHomogeneousとも言えるでしょう。(←誰w)

もし自分のエッセイが見たいという人がいれば印刷してみせることは可能なので自分のところにきてください!!

 

ブログには書ききれないほどの魅力がカナダ、留学にはあるので気になる人はぜひ直接自分に聞きに来てくださいね!!

 

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

さーて、明日のブロガーは、

 

つくばの女

吹奏楽

VR

 

わかったかな?
  
▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼