東進の好きな先生【島田竜汰編】 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2019年 11月 23日 東進の好きな先生【島田竜汰編】

 

こんにちは、島田竜汰です。

いやあすっかり冬ですね。

毎年思うんですけど、って概念と化してません?

ないだろ、もはやって季節。

 

そんでもって

って素晴らしくない?

暑くないじゃん、まず。

汗かかない、気持ち悪くない。

あと、ご飯が美味しい。

おでんとか、シチューとか、鍋とか。

そういう系が好きなんですよね。

みんなで囲む系。

あとは洋服がいい。

冬はアウターがあるのでレイヤードが捗ります。

ロングコートやダウン、ジャケット、たくさん欲しくなりますねえ。

ビバ冬!!って感じ。

 

 

あ、てか話変わるんですけど、

ちょっと言いたいことがあるんですよ。

 

 

あの、

『冬しかコンビニにおでん売らないの何なの?』

 

それ疑問に思って話題にすると、

 

「夏暑いのにおでん食べる人いないじゃん。」

 

とか愚見を垂れてくる人もいますが、

じゃあ私、僭越ながらご意見させて頂きますが

 

「じゃあお前冬にアイス食べるなよ?」

 

って感じだし、

さては貴様、外気温に大幅に左右されて食べるもの決めてる?

 

とか考えていると

 

「アイスは冬寒い中帰って暖かい家の中で食べるのがいいんじゃん。」

「お風呂あがりとか。」

 

とか言われたりするんですよね。

 

じゃあそもそも夏におでん食べる人いない、っていう外気温に左右されていることが前提の意見は何処へ?

 

ていう感じで、

僕はおでんへの気持ちを募らせる訳です。

 

 

このブログはセブン○アイホールディングスやその他多くのコンビニチェーン各社の社長が見ていることで著名ですから、

どうか夏期のおでん販売、ご検討宜しくお願い致します。

 

 

 

どうでもよ。多分ここまでの文章読んでる時間、

人生において卒業式の来賓紹介の時間くらい意味ないですよ。

 

 

今回のテーマ、東進の好きな先生、ですよね。

 

正直僕はあの先生に助けられたと言っても過言ではありません。

 

それは、

英語の今井宏先生ですね。

 

今井先生には、

文法講座のC組、長文講座のB組と

夏期講座での総合編でお世話になりました。

 

C組は高校2年生の冬から受け始めた記憶がありましたが、

楽しく受講が進んだことで

35コマの全受講が1か月足らずで終わりました。

一気に受けきることが大事、っておっしゃってましたし。

 

僕の英語は2月の時70点くらい。

英語に苦手意識を持っていた僕は今井先生の言ったことを忠実にこなしていました。

正直藁にも縋る思いでしたからね、

「伸びるためにはこの人の言うことを聞くしかない!」

って感じでした。

 

先生の言葉通り、

B組の長文は毎講座20回ずつ長文を音読してました。

100均でシール買ってきて1回読んだら貼って、また読んで、って

 

B組も夏期冬期直前で35コマあったと思うんで、

単純計算35コマ×20回なんで700回ですね。

 

そのくらい言われたことを愚直にやってました。

 

正直音読を疑った時期もありましたが、

信じて続けた結果4月から6月の2か月間で

英語は55点伸びました。

 

本当に今井先生には感謝しています。

 

1年後に柏校での公開授業で司会をした時に

初めて受験期の感謝の言葉を伝えられたことは

今でも心に残っています。

 

 

まあそれはどうでもいいですね。

 

でも、僕が伝えたいこととしては、

『何事も愚直にやるべき』ってことです。

 

まあ毎年、

「音読は意味がない」だの

「勉強法がわからない」だの

言う人がいますが、

 

まず、継続して言われたことを愚直にやってみたか問いたいです。

 

さあ、どうでしょうか。

まあ、正直人それぞれだと思いますよ。

あくまで僕の経験からですけどね。

 

 

なんにせよ、

後悔ない選択をしてくださいね。

 

 

 

 

 

さあ、いよいよ冬ですね。

元気に生きましょう。

 

僕は今日もコンビニでおでん買って帰ります。

 

大根、ちくわ、たまごはマストです。

 

あ、つくねも忘れずに、

カニカマっていう邪道に見せかけたやつも大事です。

 

 

じゃ、また校舎でお話しましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

▽▲▽△▼△▽△▼▼△▽△▼△▽▲▽△
明日のブロガーは

 

 

やろひ

らわぎお

 

 

雑だな、分かるし。
▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼