出願校決定について 高橋優斗編 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ

2018年 11月 4日 出願校決定について 高橋優斗編

こんにちは、最近服にちゃんとお金をかけようと思っている高橋です。

正直今まで服とか全然興味なくて、着れてればいいやと思っていました。

しかし!最近服を気にしなきゃなと思うようになりました。

なぜかというと、、

私服で校舎にいるとスタッフにも生徒にも生徒だと勘違いされるから

一度眼鏡をかけていない視力の悪い一色さんに本気で生徒かと勘違いされて話しかけられたことがあります。

そのあと全力で謝られました。

そんなに幼く見えるかな?

僕は今年で21歳になるんですけど、よく生徒かと思ったと言われます。

若く見られるのは嬉しいような悲しいような。。

その原因は服装にもあるんじゃないかということで服について最近いろいろ調べているところです。。

とりあえず手始めにZOZO TOWNに登録しました。

ZOZO TOWNといえば前澤社長最近すごいですね。

月行こうとしたり、芸能人と付き合ったり。

社長くらいになると芸能人と付き合えるんですね。

がんばって社長になろうっと。

というわけで、これから少しずつ僕がおしゃれになっていくかもしれないので温かい目で見守っていてください。

お金に限りもあるからそんなすぐには変わらないけどね。

こんな服最近流行ってるよとか似合うと思うよってのがあったら教えてください!

参考にするかもしれないです。

 

あと前置き長いけどもう一つ。

以前ブログで島田さんと二人で花火大会に行った話をしたの覚えてますか?

あの時は男二人でもさみしくないなんて強がってましたが、最近また花火大会に行ってきました!

しかも!今回は!男二人ではありません!

 

 

 

 

といっても彼女とかではありません。。

 

 

 

 

担任助手の方々と8人で行きました。

やっぱり大人数のほうが楽しいですね。

誰と行ったのかはヒントを載せておくので考えてみてください。

まず4年生女子3人女子高出身国立リケジョ県柏の後輩男子2人同学年のガタイが良くてバイオリン弾けるやつ8人です。

このヒントで全員の名前が出てきたら担任助手に相当詳しいですね。

担任助手検定1級あげます。

 

 

というわけで前置きが長くなりましたが、本題に移ります。

今回のテーマは「出願校決定について」です。

まず、一番気を付けていたのは受験日が4日連続にならないことです。

体力的にも精神的にも3日連続が限界かなと思って気を付けていました。

もうひとつ気にしていたのは入学金の問題です。

大学受験は合格したら無条件で入学できるわけじゃありません。

入学の前に入学金を払わなければいけません。

志望順位が低くても、振り込みの締切前にとりあえず入学する権利を得るために払わなければいけません。

志望順位の高いところの合格発表が振り込み締切の前ならいいんですが、そんなうまくいかないことがほとんです。

しかもこの入学金がめちゃめちゃ高いんです。

一大学につき30万弱はかかります。

そのため、うまく締切と合格発表を調節していました。

そのほかに出願校決定の際に重視していたのは学部とレベルです。

僕は留学に行きたくて国際系に興味があったので国際系の学部に出願することにしていました。

けど国際系の学部ってレベルが高いことがほとんどなんです。

だからレベルが高くなりすぎてどこも受からないってことがないように学部のレベルにも気を付けていました。

 

参考までに僕の併願校を一挙大公開!

早稲田大学 商学部

早稲田大学 文化構想学部

上智大学 法学部 国際関係法学科

上智大学 外国語学部 イスパニア語(スペイン語)学科

青山学院大学 文学部 英米文学科

法政大学 国際文化学部 国際文化学科   です。

 

実際に受かったのかどうか気になったら直接聞いてください!

 

早稲田の学部に関しては国際系ではないですが、早稲田大学に惹かれたのもあって出願しました。

上智の法学部国際関係法学科は高校2年生の時に参加した柏校でのイベントで担任助手の方が紹介していて、興味をもって受験することにしました。

その担任助手の方とは今担任助手をやってる芝田さんのお姉ちゃんです。

芝田さんありがとう。

もし2年生でこのブログを読んでる人がいたら、イベントにたくさん出たほうがいいですよ!

出願校決定のヒントになることもあるかもしれません。

上智の外国語学部はなんでイスパニア語学科にしたかというと、

安河内先生に「君は英語ができるんだから英語以外を学んだほうがいいんじゃない?」

とのお言葉をいただいて出願を決めました。

どこで安河内先生と話す機会があったのか気になる人は聞いてください。

青山学院の国際政治経済学部と立教の異文化コミュニケーション学部にも興味はあったけどさっき書いたレベルの問題で出願校からは外しました。

そしてセンター利用に関しては法政大学と獨協大学を出しました。

獨協大学はネット出願だと1つの出願の金額で2つの学部に出願できたことと、英語に強い大学ということで滑り止めとして出願しました。

 

ということで結構長くなっちゃいましたがいかがでしたか?

まだ聞きたいことがあったらいつでも話しかけてください!

じゃあまた次のブログでお会いしましょう。

ばいばーい。

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

明日のブロガーは、

弓道部部長

絶賛6連休中

半年でセンター英語を150点あげた男

明日も必見!!

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼