5月 | 2020 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ 2020年05月の記事一覧

2020年 5月 30日 日本大学紹介【前原萌香編】

 

こんにちは、担任助手の前原です!

 

遠藤さんに声がうるさいといわれてしまいました…悲しいです…

でも、明るいって言われたのは長所ですよね!

ハッピーです☆彡

 

さて最近大学の授業がオンラインで始まったのですが

めちゃめちゃ目が疲れますね、あれ…

目が疲れる→頭が痛いという負の連鎖です泣

 

ブルーライトカットの眼鏡を買おうか悩んでいます…

 

↓   ↓   ↓

 

今回は…

 

大学紹介です!!

 

実はこれ去年の今頃も同じ内容で書いたので…

日大について少し興味がある人は去年のブログを見てください!

去年のブログはこちら→https://www.toshin-kashiwa.com/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%b4%b9%e4%bb%8b%e3%80%90%e5%89%8d%e5%8e%9f%e8%90%8c%e9%a6%99%e7%b7%a8%e3%80%91/

 

(去年のブログを見ると私今の時期人体損傷していますね…

今年は怪我をしたくないと思い直しました…)

 

 

さて去年のブログにも書いてある通り

 

私は芸術学部のキャンパスしか知らないので…

今回は芸術学部の江古田キャンパスについて紹介してみたいと思います。

 

 

江古田キャンパスは西部池袋線の江古田駅にあります。

 

江古田の良いところは、大学がいっぱいあるので

おいしいごはん屋さんや、安いごはん屋さんがあるんですよ~(^^)

 

それはさておき、キャンパスについて紹介します笑

 

芸術学部は8つの学科があります!

私が通っている演劇学科のほかに、映画、デザイン、放送、文芸、美術、音楽、写真…

 

と、多種多様な上に専門性の高い学科ばかりです。

 

なので、ほかの大学にはない設備やあったりします!

劇場があったり、スタジオがあったり、デッサン室があったりとそれぞれの専門分野にあった設備があるんです!

 

 

あと、芸術学部ならではだな~って思うことが2つあります…

 

①学祭は結構それぞれの学科本気で取り組むので

屋台とかは少ないんですが、生徒の自作のものが売られていたり、発表をいろいろなところでしてたり

すっっっっごく楽しいです!!!

 

②中庭やいろいろなところで生徒が歌を歌っていたり

撮影をしていたり…と様々な活動をしているんですよ~!

それを周りの人も気にしないし、個性があふれているあたり

芸術学部っぽいななんて思ったりします(^^)

 

いろいろ書きましたが伝わりましたか…?

とにかく伝えたいことは

大学生活すっごい楽しいです!!!

 

なので皆さんも楽しい大学生活を送れることを想像して

勉強のモチベーションを高めていってください!!!

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは…

 

野田が生んだ奇跡の男

生徒思いな

元柏南性!!!

 

誰かわかるかな…??

 

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

 

 

 

 


2020年 5月 29日 筑波大学紹介【遠藤陽香編】

こんにちは!

担任助手の遠藤です!

 

さて、今回のテーマは「筑波大学紹介」ということで筑波大学の魅力を紹介したいと思います!

 

筑波大学の魅力は

①全学群が1つのキャンパスに集まっていることで、文系理系を問わず他学類の授業を取れること

②留学生が多く他国の友達が作れること

③理系の研究が盛んであること

だと思います。

 

③は理系の人向けになってしまうので①、②についてお話ししたいと思います!

①は全部の授業が同じキャンパスで開講されるので、必修と被っていなければ好きな授業が取れます。私も文系科目の国際学などを履修しました。

②は私は全然できていませんが、留学生の方はいっぱいいます!

去年印象的だったのは、友達と昼食を食べていた時、隣の席のロシア人の女性と日本人の男性がお互いロシア語と日本語の2か国語を使って会話していたことです。日本語の部分しかわからなかったのですが、結構真面目な話をしていたと思います。

こういうことは、自分から行動しないとできないことですが、それができる環境があるということが筑波大学の強みだと思います。

 

ではここで、筑波大学の魅力番外編ということで

いきなりですがクイズです!

筑波大学の大きさは?

 

 

 

 

 

正解は…約260万平方メートル!!

全然ピンと来ないですね。東京ドームが約4万7000平方メートルなので、約55個分です。

単一キャンパスの広さランキング第2位です。ちなみに外周は10キロメートルあるそうです。

 

この広さゆえに紹介するものはたくさんありますが、今回は都内の大学には絶対ない(と私が思ってる)ものを紹介します。

 

①筑波大学循環バス

大学内をバスで移動することができます。大学内のバス停はなんと22個!

※ただし、15分の休み時間での移動には向かないため、筑波大生はだいたい自転車で移動します。

 

②池×2

キャンパス内にそこそこ大きい池が2つあります。それぞれ松見池、天久保池といいます。

片方(確か松見池)にはなぜかスワンボートがあります。

都市伝説「きさらぎ駅」の場所を調べるとどちらかの池の中に出てくるらしいです。

興味ある人は調べてみてください。

 

③野生の森

野外運動という体育の種目をやるための森です。結構しっかり森でした。

アスレチックがあり、キャンプファイヤーやバーベキューができるらしいです!初めて行くとここは本当に大学内かなという気持ちになります。

 

 

筑波大学の紹介は以上です。興味ある人はオープンキャンパスなどでぜひ来てみてください!

 

 

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは…

いつも元気

声も動きもうるさい

私の同期です

わかるかな?

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

 

 

 

 


2020年 5月 28日 明治大学紹介【猪又英里花編】

こんにちは!担任助手の猪又です

 

昨日紹介してくれたようによく大食いと友達や周りの人から言ってもらえる(?)ことが多いのですが、春休みに食べすぎで体調を壊してから、食べる量が並くらいになりました。個人的にはうれしい反面、よく食べることは自分のアイデンティティーでもあったので崩壊してしまって少し悲しくもあります。はやく新しいアイデンティティーがほしいです。

 

今日のテーマは

「自分の大学紹介」

ということで私からは明治大学について紹介したいと思います

 

人気な大学1位に3回なったくらい今では人気があるそうで、通っている人もたくさんいます。人数が多いので、キャンパスは4つに分かれています。

そのなかでも文系12年生は「和泉キャンパス」に通っています!

 

私のおもう明治大学の特徴は

・人数の多さ

・外国語の学びが熱心

だと思います!

 

人数が多い

学部によってまちまちですが1学部1000人以上いるところもあります。多すぎますよね!

でも、人数が多いからこそ、クラス単位に分かれて授業を受けることが他の大学よりも多いかなと思います。

大学生というと大教室で、大人数が授業を受けてるイメージがあると思いますが(もちろんそれもあります!)

意外とクラス単位・少人数授業もしっかり用意されています。

1番小規模なものだと学生15人に先生1人とかです。大人数よりもコミュニケーションがとりやすかったり、集中して授業を聞けたりするので良いなと私は思います!

毎週同じクラスの人と会うので安心できます。

 

外国語の学びが熱心

国際交流プログラムがあったり、留学生を積極的に受け入れていたりで、グローバルな学びに対応しているそうです。特に、文系だと第二外国語を必ず2年間は履修しなくてはならないので英語以外の言語も学ぶことができます!第二外国語を4年間かけて学ぶことができるのも明治大学の特徴です。第二外国語を使った映画を見たり、スピーチをしたりします。

 

他にもラグビー・野球・駅伝などスポーツが強いです!キャンパス内を歩いていると応援団がそれを応援したりしていて大学全体で盛り上がってます。

施設も充実していて、アクセスもいいです。

明治大学のまわりは、THE・都会という感じではありませんが、お店も充実しているので充実した日々が送れると思います!

 

こんな感じです!ありがとうございました!

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

なんでもできる

でもいじられていて面白い

ニックネームはえんちゃん!です(ほぼ答え)

お楽しみに!

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

 

 

 

 


2020年 5月 27日 今のうちに終わらせておくべきこと 化学ver.【鈴木雷人編】

こんにちは!担任助手の鈴木です!

早速なのですが新一年生の豊川君に元気いっぱい(?)な紹介をしてもらったので

張り切って今回のテーマ考えられたらなと思います!

今回のテーマは

「今のうちに終わらせておくべきこと 化学ver.」

ということで化学選択向けの人への話になってしまうのですが、ぜひ見ていただけたらと思います!

それではよろしくお願いします。

早速ですがみなさん化学をこれから学習していくなかでとても大事なこと

理論化学を完璧にしましょう!

これがなんでかっていうと、自分が実際に入試問題を解いたり様々な問題を解いていく中で、理論化学分野の出題が半分以上を占めるからです!

それに加えて理論化学とともに無機・有機といわれる分野でも理論化学を理解していなければ解けない問題が多いです!

これらのことからも理論化学を完璧にすることがとても大切です!

理論化学の理解の中でもとっても重要なこと、それはmolの概念をしっかりと理解することですかね。

自分が高校生だった時にスタンダード化学のmolの概念の理解に時間がかかりましたが、ここが分かるとそのあとの様々なことも見えてきます!

とてもアバウトなことになってしまうのですが、例えばこんな問題

 

問題)H₂+Cl₂→2HCl


上記の式で表される化学反応において、水素(H₂)1.00gと反応する塩素(Cl₂)は何gか?

解答 1.00g

 

 

 

どうでしょうかみなさん直感的に「違うな」と思う人が多いんではないでしょうか?

みなさんその直感正解です!

そうなんですよね、化学反応って同じ質量で反応するのではなくて

粒子数、分子数によって決まるんですよね、どういうことかというと

 

これを見るとちょっとだけわかるかなと思うんですが、化学反応はそれぞれの粒子の大きさ重さは全く違ってきます。しかし反応する粒子数の関係というのは変わらないんですよね。

だからこそ粒子数を基準とした物資の量の概念「mol」の理解がさまざまな反応を見ていくうえで改めて必要だと思います!

もし不安な人がいたら改めて受講またはぜひ聞きに来てね!

molの概念がしっかり理解できたらあとやっぱり大切なのは

「様々な反応や計算の中で単位に注目する」

ということが大切だと思います!

化学を勉強をしていく中で皆さん特に理論化学の中でmolに関する数値を学習していくことになると思います。

たとえば1molにつき粒子数分子数は6.02×10²³や

またそれぞれの物質によって1molについて〇〇gというのが決まっています。

なのでmolっていうのは化学の計算の中でたくさんの計算のなかで単位同士の仲介役としてとても活躍してくれます。

 

 

 

例えば、物質量Mgの物質が100 gあるとすると粒子数はどれくらいになるかと聞かれたら

こんな計算が成り立つのではないでしょうか

知っている人にとっては当たり前になってしまうのですが

さっきの式はそれぞれの単位に注意してみていくと次のように単位を消していくことができます。

この計算式の書き方最初知ったときとても感動しました!

なんていっても単位を消していくと最終的に自分の立てた式の道筋があっているか確認ができるからですね!

 

この単位を消していくことは少し手間に感じてしまう人もいるとは思うのですが、これを行うだけでも自分の勘違いによるミスや問題への理解がぐっと変わってきます!

計算式中に数字だけでなくその単位まで書き込んでいくやり方をしていくと難しい問題も

「この単位を求められている形にするにはこの関係式が必要だな」

と徐々に予想を立てながら解いていくことができるようになると思いますので

これらのことを意識しながら化学の基盤を作っていってくれたらとおもいます!

伝わりにくいところなどたくさんあると思いますが化学のことに関して不安なこととかわからないことがあったら一緒に考えられたらと思うので、皆さんよろしくお願いします!

長くなりましたがありがとうございました!

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

 

 

大食いコンテストがあったら

ぜひお手合わせ願いたい!

△ △

👀

!人!

(猪のつもり!)

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

 

 

 

 


2020年 5月 26日 今のうちに終わらせておくべきこと 物理ver.【豊川敬太郎編】

 

 

日々勉強お疲れ様です。

 

では早速ですが本題について、2つほど伝えたいことを書いていこうと思います。

参考にしてくれたらサンクス!(2018年まで存在していたあのコンビニが懐かしい)

主に受験生向けの内容になりますが、高1、高2の人で物理使うつもりだよ

って人も参考にしてくれたらうれしいです。

 

まず1つは今まで習った範囲の再確認です。そろそろ新しいこと(法則など)を覚えるという作業も終わり、今度は自分で覚えた知識を使って問題演習をするという勉強がメインとなってくると思います。その時に抜けが沢山あってしまうと問題演習に支障をきたします。物理は法則に対する理解が甘いと何も書けない!という事態が起きやすいです。逆に言えば習った範囲は理解できてますよ、という状態であれば解けない問題はありません、ないはずだ!(笑)

物理は比較的に他教科と比べ覚えることが圧倒的に少ないので、再確認の作業は1週間もあれば十分です!やりましょう!

 

2つ目は公式の導出をできるようになるということです。

例えば一番最初に習う等加速度直線運動の公式は加速度aの意味(a=Δv/Δt)さえ知っていればすべて導出できます。斜方投射や鉛直方向の運動も成分分解すればやってることは同じです。他にもコンデンサーの電気容量やドップラー効果、自己誘導起電力などいろいろあります。導出ができるすなわち物理法則を理解していると思うので、再確認がてらやることをオススメします。分からなかったらググろう!もしくはお近くの理系担任助手に相談しよう(僕答えれるかな笑笑)

 

上に述べた2つをクリアしている人はどんどん演習しちゃいましょう。やればやるほど知識は定着します。また終わってない範囲があればそちらを進めるのもいいと思います。だけど一人でやるのが不安という人は今まで習ったことを固める、再確認をしましょう。最後にですが、模試で点を取るにはやはり演習あるのみだと思うので早いとこ全範囲の内容を終わらせ、問題演習に時間をさけるように受講は早めに終わらせましょう!よく分からないことって最初は理解するのが大変で苦しいですが、分かる、できるようになれば楽しくなるのでそれまでは耐えて脳みそが汗をかくぐらいゴリゴリやりましょう!

 

乱文にて失礼致します。

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼

明日のブロガーは

             ざわ・・・      ざわ・・・

                  ざわ・・・       ざわ・・・

鈴木〇人

サンダーああああああああ!

 

みんな!明日もブログみてくれよな!!

 

▼△▽△▼△▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▼