5月 | 2018 | 東進ハイスクール柏校|千葉県

ブログ 2018年05月の記事一覧

2018年 5月 31日 模試に向けた勉強法〜蓮池 怜〜

 

皆さんこんにちは!!担任助手の蓮池です。

 

最近はどのようにお過ごしですか?

五月にはなんと!!長友佑都選手が

明治大学の泉キャンパスにやってきました!!

生で長友選手を初めて見たので貴重な体験ができました!!!

 

 

さて、そんな話は置いといて、今日は

模試に向けた勉強法です。

突然ですが、模試前に対策をすることは大切です。しかし、対策をしすぎるのはおススメしません。

なぜなら、模試は本番には近い環境ですが、本番ではないからです。

極端は話をすれば、模試の二週間前から模試の対策をするとします。センターレベル模試は年に6回行います。

そうすると、2×6で12週間です。約3ヶ月も模試対策に費やすことになります。

これは極端な例ですが、受験生の皆さんは本番に向けて勉強をしています。

 

そしてこの時期は受講を進めて知識を蓄積して夏休みにニガテを克服するのが、東進のセオリーです。

僕はこの時期の模試への対策を長めにとっていたので、受講のペースが落ちてしまい、また模試の結果も思うような結果が出ずになにをやっていたんだろうという虚無感に襲われてしまいました。

だから、僕はその反省を生かして、模試前の対策は全教科の過去問一年分ほどの最小限に抑え、その他のことに時間を使えるようにしました。

受験生の皆さんの目的はセンター試験で点数をとることであり、模試で点数をとることではありません。

たしかに、模試で点数が取れたときは、嬉しいし、モチベーションにもつながります。

しかし、

手段を目的にしてはいけません

皆さんの当初の目的を見失わずこれからの模試に臨んでください。

(もちろん、模試の復習はしてくださいね笑)

 

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

 

              さーて、明日のブロガーは〜?

お薬のことならおまかせ!!

大人な女性!

わかんだろ!

 

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

 

<各種ご案内>

 

 

2018年 5月 30日 模試に向けた勉強法【一色凌編】

こんにちは。一色です。

 

最近はドイツ語に苦しめられる日々です。

希望する学部に進むためには

ちゃんとテストで点を取らなければならないのですが……

 

第二外国語は、ドイツ語よりも実用的または易しい言語を選ぶことを

強くお勧めします。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

さて、模試に向けた勉強法というのがテーマではあるこの記事ですが、

そもそも、模試でいくら点を取っても、

それで合格が確約されるわけではありませんから、

模試自体が目的化している勉強などというものは

全く無意味です。

 

実際、ずっと僕よりも模試の判定が悪かった人が、

本番で僕よりもはるかに高い点数を取って合格した…

という事例もあります。

 

模試の得点はあくまで参考記録にすぎないのです。

模試で点を取るために長期的な勉強の計画を改変するよりも、

本番だけを見据えて計画性を保ちながら勉強するべきといえます。

 

それでは模試はどのように使えばいいのかというと、

入試本番のシミュレーション

として活用するべきでしょう。

 

例えば、

本番の直前に「今日は夜遅くまで勉強しよう」

などと考える人はあまりいないと思います。

それは当然本番で実力を出すためには

休息も必要だから、ということになります。

 

そのように考えると、

模試を本番のシミュレーションにするためには、

模試の前日もゆっくり休んで翌日に備えるなど、

細かい部分まで本番を意識する必要があるでしょう。

 

先ほど、

模試で点を取ることが目的である勉強は無意味だ

と述べたばかりですが、

本番のシミュレーションをする中で、

時間がない本番直前に最も手っ取り早く実力を伸ばす方法が

欲しくなることは当然あるでしょう。

 

そう考えたならば、

単語などの基礎を見直すことを勧めます。

なぜなら僕自身が、本番直前に単語帳を見直したときに、

驚くほど単語を忘れていることに気づいたからです。

直前期に記述などの練習をしていると、

基礎などに思わぬ落とし穴が生成されがちなのです。

模試の時から、基礎が落とし穴になるという危険性に

警戒しておくことは有効でしょう。

 

 

いろいろ書きましたが、

これはあくまでも僕個人の考え方です。

最も適切な勉強の方法というものは

人によって全く異なりますから、

僕の意見をうのみにせずに、

模試直前には何が必要なのか

自分で考え、実行していくべきであると言えます。

 

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

 

さて、明日のブロガーは…

まつこく

ごつい

の2要素を持つあの方です。

もちろんわかりますよね?

 

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

 

<各種ご案内>

 

 

2018年 5月 29日 模試に向けた勉強法【早川慶吾編】

こんにちは!担任助手の早川です!

いやー最近暑いですね〜

暑すぎて僕は朝起きる事ができません。

まあいつの季節も起きれませんが(笑)

ですが最近最強の目覚ましアイテムを見つけたんです!それは、

です。

携帯の長ったらしい目覚ましの音では全然目が覚めないのですが、母の「起きろ!」というたった一言で体が飛び起きます。  

不思議ですね。母は強い(怖い)ですね。 

寝起きにの悪さに悩んでいる人はぜひ使ってみてくださいね。

さて、どうでもいい話は置いといて、今回のテーマに移りましょうか。

「模試に向けての勉強法」ということですね。

僕の受験科目が英語・国語・日本史だったので、その3科目について少し詳しくお話しします。

僕の場合、模試一週間前になったら毎日基礎知識の復習をしていました。

 例えば、英語であれば単語・熟語・文法、国語であれば古文単語・漢文の句法、日本史であれば基本的な歴史の流れという具合に、1日各科目30分程度学習していました。

塾に着いたらこれらの勉強を英語→国語→日本史→の順で先に終わらして、そのあとは普段通り授業を受けたりしていました。 自分なりのルーティンを作って、バランスをよくすることを意識していました。

アドバイスとしては、

普段の勉強と模試に向けた勉強をバランスよくやるという事が大事だと思います!

入試模試に向けて普段の勉強をストップしてしまったら、本末転倒ですよね。

あともう一つ、基礎知識の復習は強くお勧めします!

なぜかというと、

最短距離で得点を上げることができるからです!ただそれだけです!

センターレベルの模試であれば、基礎知識からの出題が多いのです!

嘘だと思ってぜひやってみてください!

それではさよなら〜

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

明日のブロガーは、、、

頭がめちゃくちゃいい

でもめちゃくちゃうるさい

ノッポメガネ

誰でしょう〜〜

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

 

2018年 5月 28日 模試に向けた勉強法【村田みなみ編】

こんにちは!!村田みなみです!

突然ですが最近とてもびっくりしたことがありました!!

5月の初めにフェスに行った時に、

なんとサカナクションのボーカルの山口一郎さんと遭遇したんです!!!

握手もしてもらって本当に感動しました~~!!

一生の思い出です、、、(笑)

 

はい、じゃあそれでは本題に入りますね?

 

今回のテーマは『模試に向けての勉強法』ということですが、、、

もうすぐ6月17日全国統一高校生テストがありますね。

 

わたしは去年のこの時期、東進の夏期合宿に参加すると決めていたので、

6月の模試の英語でいい成績を取ろうと必死に頑張っていました。

 

まず、長文の精読速読の両立が苦手だったので、単語や熟語を音読しながら書くことで

長文を見たときにパッと意味を理解して読めるようにしました。

最初はとことん精読をして、ゆっくりなら読めるかを確かめてから速読練習を始めるといいと思います。

 

文法問題は苦手に感じている人が多いですが(私もそうでした笑)

使っている参考書や講座のテキストの例文の音声を聞いたりして構造を自分なりに把握しましょう。

また、繰り返し問題を解くことで自分の苦手な分野を理解し、その部分の演習を続けることが大事だと思います!

 

こうしたことから、半年間6割止まりだった英語で8割とることができました!

 

合宿に参加する人に限らず、受験する皆さんが今回の模試に向けて頑張っていると思います。

「いい成績を取らないと・・・」と焦ってしまう人は、とにかく復習とシミュレーションをして

プレッシャーに強くなっておきましょう!!

 

(今回英語の話だけになってしまったのですが、他の教科に関しても直接聞いてくれれば

いつでも相談乗るのでぜひ聞きに来てください!!!)

 

 

 

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

 

さーて、明日のブロガーは〜?

大のミスチル好き

いじられキャラ

商学部

分かるかな〜?

 

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

 

<各種ご案内>

 

 

2018年 5月 27日 部活と勉強の両立の仕方【島田竜汰編】

画面の前の皆さん、こんにちは。担任助手の島田です。

最近またブログが盛り上がってきましたね。いいことですねぇ。

 

昨日のブログで吉川さんが童顔って言ってました。

「童顔」ってみんなに言われますね、

よく言われるのにも関わらず、

私いまいち童顔の定義がわからなくてググってみました。

 

 

 

「童顔男子は幼く見えて恋愛対象じゃない!?」

「弟みたいで恋愛対象とは違う!?」

 

 

 

って検索結果出ました。愕然としました。

逆に吉川さんに恋愛対象として見られても普通にしんどいのですが、

世の女性に恋愛対象じゃない、と言われるのはもっとしんどいです。

泣きました。もう生きていけない。切腹だ。

 

でもよくよく考えてみると

童顔の反対は「老け顔」じゃないか。

そう言われるのは嫌だ。

笑顔になりました。つよく生きます。

人生万歳。ビバ童顔。

 

あ、ちょっーと話戻しますけど、

今日のチャド共和国の首都、ンジャメナの気温は40℃、

天気はどころにより曇り、湿度は36%、降水確率は20%となっています。

大変気温が高くなっているので

旅行に行く東進生の皆さんは注意してください。

 

前置き長いって怒られそうですね、こりゃたいへん。

 

ってことで、僕の部活と勉強の両立についてですが、

僕の場合、どちらも頑張れた理由としては間違いなく、

 

「環境」

 

だと思っています。

県柏サッカー部は割と勉強への意識が高い部活で、

練習前の着替えている時間はいつもお互い単語の問題を出しあったり、

おすすめの参考書、暗記法などを共有しあっていました。

思えばそれは先輩たちもそうであったし、一種の伝統のようなものなのかもしれません。

なので他人の成績の伸びにはみんな敏感ですし、

競争心みたいなものはものすごく大きかったです。

志望校に関してもお互い宣言しあっていたし、

過去問どんくらいやった?みたいなのも部活引退してからも聞きあっていました。

いやぁ、ほんとに楽しい仲間たちでした。

 

 

でもこの環境、僕たちは自然とできたものですが、

東進生の皆さんが頑張ることで創り出すこともできませんか?

 

環境が変わるのを待っててもだめです。

部活を言い訳にして勉強しないのは正直話になりません。

本気であるのならば、

自ら、その環境を変えてやりましょう!

 

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼

さーて明日のブロガーは…??

 

sud

sur

Süden

 

だぞ!

もちろんわかるよね?うふふふふ!

▽▲▽△▽▲▽△▼△▽△▽▲▽△▼△▽△▽▼